かぞくとおかねと人生と

不安と向き合い家族と歩む日々の記録

投資の神様を学ぶ

本日は朝から久しぶりの晴天。

やっぱり太陽は気持ちいいです。

 

ありがたいことに

在宅勤務中心の働き方なので

毎朝、妻と娘を見送っていますが

晴れの日は元気よく出発してくれるので

送り出す私も嬉しいものです。

 

花粉の季節も我が家では終了。

窓を開けることができ

洗濯物が外に干せることも嬉しい。

 

本当に小さな幸せなんですけれど

そんな日常がありがたい」です。

 

さて、「本日は読書ネタ」です。

 

長期投資をしていますので

投資先を変えることなど

今のところ想定していないのですが

投資やお金に関する知識は

どんどん吸収していきたい。

 

本屋に行くと決まって投資関係のコーナーに

立ち寄ってしまいます。

 

今回購入し、読了したのがこちら。

 

 

バフェットのマネーマインド

 ロバート・G・ハグストローム 著

 小野 一郎 訳

 ダイヤモンド社 発行

 

御存知、

投資の神様 ウォーレン・バフェット

その研究家である著者の書籍です。

 

バフェットに関する書籍は

世の中に数多く存在しています。

 

私もバフェットには興味があったものの

立ち読みすると

記載内容がかなり難しく

今まで関連書籍の購入には至りませんでした。

 

本書籍に関しては

テクニカルな分析などはほとんどなく

バフェットの生い立ち(原点)から

 現在に至るまで

をまとめていたり、

 

マネーマインド(考え方)

にフォーカスしていたりと

割と読みやすい内容でしたので

購入してみました。

 

率直な感想としては、

なんでこの人が投資の神様なの?

という率直な疑問を簡潔に知るには

良い本なのでは、と感じました。

 

私の投資方針との比較では

長期投資、複利活用という点では

同じベクトルなのですが、

成長・優良企業に集中投資という点は

私には難しい部分です。

 

集中投資先を決めるには

企業分析がもちろん最重要となりますが

今の私では「どう考えてもできない

 

分析の時間が無いというよりも

圧倒的に入手できる情報量が少ない。

 

バフェットと同じ投資行動は無理

というのが私にとって一つの結論。

 

一方で本書籍内で出てきた

以下のキーワードには共感できました。

 

分散投資は、無知に対する保護の役割を

 果たす

 

市場よりも悪いことが自分に起こらない

 ようにしたければ、すべてを所有すべき、

 それは悪いことではない

 

改めて、私の現在の投資行動は

私の価値観と考えを反映している

と納得できました。

 

それがわかっただけでも

読了して良かったです。

 

ご興味のある方はご一読ください。

 

これからも投資に関して

自分の航路を守り続けたい

と思います。

 

さはら

各ご家庭の考え方

うーん、

今日も天気が優れません。

 

天気病」というものがあるのですね。

気圧の変化によって頭痛など体調不良を起こす

気象病とのこと。

 

確かに、天気が優れない日は

総じてダルさや憂鬱感など

体調がイマイチな感じはするもの。

 

そんな朝のニュースをお姉ちゃんと

一緒に見ながら、

 

天気が悪いので勉強に身が入りません

と言い訳できるね、

なんて冗談を言ったつもりが、、、

 

そんなこと言ったら先生に一喝される、

 世の中そんなに甘くないよ!

お姉ちゃんから厳しい返答。

 

すみませんでした、精進します

お姉ちゃん、しっかり者過ぎるよ~、笑

 

ニュースでは今年の梅雨明け予想について

会話されていて、

例年より梅雨明けは早い見込み

だそうです。

 

ちょっと安堵。

というのも学童キャンプは

7月の中旬に開催されるので

過去には梅雨明けに至らず

全日程が雨」という年も。

 

雨になってしまうと

川に入れない、

キャンプファイヤーができない、

などなど

 

みんなが楽しみにしているイベントの

ほとんどが出来なくなってしまうため

毎年梅雨明け情報をドキドキしながら

確認しています。

 

さて、

先週末もキャンプ係の仕事がありました。

 

新1年生の保護者の方向けに

学童キャンプとは」を説明する会。

 

役員会向けに

今年のキャンプ開催方針」について

説明の上、合意する会。

 

全保護者向けに

今年のキャンプ開催方針」を

説明する会。

 

全ての会議内で私が説明を

させていただきました。

 

概ねどのご家庭も

肯定的、協力的に開催合意

いただけるのですが、

 

やはり複数のご家庭が集まれば

否定的な見方や意見」をされる

ご家庭も出てくるもの。

 

否定的な意見について

一方的にシャットダウンしてしまうことは

ありませんが、

子供達の健やかな成長や幸せ」からの

否定的な意見ではなく

親のプライド保持や誤った偏見」からの

意見をされると、

 

まだまだ精進の足りない私は、

内心「モヤモヤ、イライラしてしまう

自分がいることも事実。

 

親の方の固定観念を頑張って修正しよう

とは思いませんが、

その親の子供が学童の中で孤立してしまう

ことは絶対に避けたいですし、

等しく成長の機会を与えてあげたいのです。

 

放課後の預け先も今では多々ある中で

この学童に安くはないお金を払って

預けている以上、

 

ただ親の仕事の時間を埋めるだけの

学童運営ではなく

子供たちの集団活動を通じた成長を目指し

 子供ファーストの学童運営でありたい

私はその点に強く共感しているのです。

 

童児童のキャンプ参加はマスト

としています。

 

参加マストはおかしい

という意見が出ました。

毎年のようにある一家庭が発言されます。

 

私には説明責任がありますから

ご意見に関してこちらの考え方を

丁寧にをお伝えする努力をしたつもりです。

 

「キャンプ当日の参加うんぬんだけではなく

 子供たちはその前の2か月かけて

 班に分かれてキャンプの準備を皆で一緒に

 進めていること

 (その子だけがキャンプを目指した班活動に加われない

  ことは避けなければならない)

 

「子供がキャンプの中の1イベントについて

 ネガティブなのであれば、

 そのイベントには無理に参加させる必要は

 ないこと」

 

「なにより、普段の子供と先生の会話の中で

 子供からキャンプに行きたくないという

 発言は聞こえてこないこと」

 

「家庭内で子供から参加したくない

 という発言が出た場合は、

 親が励まし、先生が励まし、

 キャンプ係が励まし、

 参加したいに変えていきたいこと」

 

一生懸命にお伝えしたつもりですが

その保護者の方は今年も納得しては

いないようでした、、、

 

時間もありますから最後は

 

キャンプに関して

 学童児童の全員参加は

 この学童の目指すことであるし

 学童の存在意義に関わる

 明確な意志表示である」

 

とお伝えしました。

 

終始感情的にはなりませんでしたが

ちょっと強めのワードを使ってしまい

終わったあとから反省を続けています。

 

おっと、

またとりとめもなく

長文になってしまいました。

 

開催までのハードルは

まだまだ沢山ありそうです。

 

 

すんなり行けると思っていたところが

画像のように突如「通行止」になり

迂回しながら進まなければならない

状況が多々出てくるでしょうね。

 

それでも

子供たちの成長と幸せを第一に考え

精一杯やりたいと思います。

 

さはら

今月のハッピーバースディ

ここのところ雨の日が多い。

 

今年の梅雨入りは早いとの

予想のようですね。

沖縄などは既に梅雨入り。

 

土日は晴れてもらいたいけど、、、

そんなうまいこと行きません。

 

週末に私たちの大好きな

弟の奥様の誕生会」を

開催しました。

 

出会ったのはもう10年以上前です。

初めてお会いした時に

 

うわー、美人さんだ

 

コミュニケーション力が

 半端ない(高い)

 

もの凄く気が利く

 

と、第一印象から私も妻も大絶賛!!

 

その後、

弟と結婚してくれて正式に家族となり

何気ない会話の中で知ったことですが、

外資系企業の営業をされていて

何年もの期間「東日本の売上No,1」!!

 

もの凄い引き留めに遭いながらも

結婚を前にして「あっさりと退職

(メチャクチャ、カッコいい、、、)

 

そんな素晴らしい方が

家族の一員として

繋がってくれたことを

心から嬉しく思います。

(ありがとう)

 

大切な家族の誕生日

 

出来る限りの食材・飲み物を用意、

プレゼントもしっかり購入してお出迎え。

 

私、いつものケーキ担当

ケーキは私がしっかり購入。

今回は地元のケーキ屋さんにしました。

 

できれば地元のお店を活用して

地域貢献したいですし、

こちらのケーキ屋さんは味ももちろん

美味しいですからね。

(いつまでもお店を継続してください)

 

娘たちは「ハッピーバースディの歌

を歌いプレゼント。

 

我が妻は「お祝いの品」を用意。

 

妻は小売系の会社に勤めており

市場リサーチなども担当しているので

特に女性関係の流行には敏感。

 

今回贈ったプレゼント品も

開けた瞬間に大感激してくれました。

(我が妻もやるなー、凄い、、、)

 

ということで、

楽しい時間はあっという間、

お昼から開始し、

気づけば夜の良い時間に。

 

みんなの笑顔が溢れた

とても素晴らしい時間でした。

 

誕生日おめでとう!!

 

新たな素晴らしい1年を

家族一緒に過ごしましょうね!!

 

さはら

無念、2着

昨日、

愛馬「ミスティファイ」が出走しましたので

結果報告です。

 

5月12日(木)

笠松競馬場 第8レース

若鮎特別 (地方競馬指定交流競走)

ダート 1400m

 

結果「2

惜敗というより、無念です、、、

 

【レース回顧】------------

・スタートまずまず(隣の馬と接触!)

・勝ち馬に先手を取られ、2,3番手

・3~4コーナーで逃げ馬に並びかけたいが

・最後まで逃げた勝ち馬に迫れず2着

-------------------------------

 

ここは何としても勝ってもらいたかった。

脚元の危うさもあるので。

 

脚元を考慮しての万全の仕上げでは

なかったのでしょうが、

負けるならこういう負け方だろうな

という想像通りでがっくりきました、、、

 

前に出て欲しくなかった馬に

前に出て逃げられてしまう。

 

最後まで粘ることはできるが

交わすことはできない。

 

レース映像を見終えて

無念で、無念で、なりませんでした、涙

 

岡部誠騎手のコメント、

「雨で馬場が重かった、

 3コーナーで逃げ馬に迫れなかった」

 

石坂調教師のコメント、

「脚元を考慮しての仕上げ、

 勝ち馬を捕えきれず残念」

 

今後は厩舎で脚元のチェックをした後に

ノーザンファームしがらきへ戻すようです。

 

未勝利戦も残り期間僅か。

脚元の不調ということで厳しい状況と

なってしまいました、、、

 

脚元が回復すれば

あと1,2戦できるでしょうか。

 

本当はここで1勝して

ゆっくりして欲しかったな。

つくづく無念です、、、

 

まだ諦めたわけではありません、

ミスティファイ頑張れ!!

 

さはら

キャンプ準備始まる

 

昨年もブログで記載しましたが

娘の学童で毎年7月に実施される

サマーキャンプについて。

 

今年も7月に向けて

キャンプの準備がスタート

しました。

 

私の今年度の学童における担務は

(キャンプ係担当の)副会長

 

正確にはキャンプ係メンバーでは

ないのですが、

以前のブログにも記載した通り

昨年をもってキャンプを熟知する

メンバーが

ほぼ全員抜けてしまい

過去のキャンプを熟知しているのは

私くらいか、、、

 

私が中心となり新メンバーに

色々と引き継がなければならず

キャンプ係の活動にも

混ぜていただいています。

 

正直な気持ち

私一人だけで引き継いでいくのは

 不安で一杯、、、

4月の新体制スタート時には

少しナーバスになっていましたね。

 

でも、スタートしてしまえば

ナーバスになる暇もなく、笑

7月迄の時間の限られている中で

準備することは盛り沢山!

 

早速、

先週末に新メンバー数名と共に

第1回目の現地下見」に

行ってきました。

 

冒頭の画像の通り、

何とか雨が降らない状況の

生憎の曇り空。

 

今回の下見の目的は、

川遊びの場所の状況確認

ハイキングルート①の状況確認

をメインとしました。

 

ということで、

今年度の野営長、事務長、

私含めた5人の親で

いざ現地へレッツゴー!!

 

渋滞もなくキャンプ場に到着。

では川遊び場へ行きましょう。

 

川遊び場

 

川遊び場は今年も状態よし!

 

高学年が遊べるちょっと深めの所や

低学年が遊べる浅い流れの緩やかな所は

昨年とほぼ同じ状況でした。

 

川遊びは子供たちが楽しみにしている

アクティビティですからね。

係一同、一安心です。

 

ただし、今後の梅雨の雨の状況や

天候不順などがあれば

川の地形や流れが一変してしまうことも

 

今後もチェックが必要です。

 

次は歩いてハイキングルートの確認。

 

ハイキングルート候補①

 

ガーン!!

途中で通行止め」でした。

 

画像ではわかりにくいですが

数年前の大雨で崖崩れが起きて

道が寸断されてしまいました。

 

道路上の土砂は取り除かれたようですが

歩道が半分崩落した状況のままで

通行止めとなっています。

 

これは「結構ショック、、、

 

ハイキングルートはあと1本、

過去に使っていたルートがあるのですが

1つの選択肢が無くなってしまい

状況は厳しいものに。

 

落ち込んでいても仕方がない。

 

早目に気づけて良かったということで

もう1本のルートを至急チェックする

ことを皆で確認。

 

やはり自然を相手に計画・行動を

しなければならない場所ですから

現地の状況チェックはとくに重要!

 

新メンバーにも身をもって感じて

もらえたようで、

今回の下見の収穫は大きかったかな

 

朝一から出発し半日程度でしたが

予定通り第1回目の下見を終えて

無事に帰路につきました。

 

下見もあと数回は行かねば、

打ち合わせや資料作りもあるな~。

 

7月迄、土日はキャンプ準備で

ほぼ埋まりそう、、、

(毎年のことですがね~)

 

キャンプ当日の子供たちの笑顔を

想像しながら

今年のキャンプ準備も頑張ります!!

 

さはら

ミスティファイ明日出走予定

 

久しぶりに一口馬主ネタです。

 

ノーザンファームしがらきで

リフレッシュしていた

愛馬の「ミスティファイ」が

無事に4/28に栗東トレセンに帰厩し

早速復帰戦が組まれました。

 

5/12(木)「笠松競馬 若鮎特別

地方競馬指定交流競走・ダート1400m

岡部 誠 騎手

 

なるほど、比較的面子の弱い

地方の交流競走に出走となりました。

 

何とか1勝させたいという意思」を

感じます。

 

騎手は名古屋の名ジョッキーである

岡部 誠 騎手

 

2021年は名古屋と笠松

ダブルリーディングを取られているのですね。

ビックリしました!!

 

とても良いジョッキーを

確保してくれたと思います。

 

一方で、

帰厩後の追い切りなど

調教師のコメントを見ていると

不安な面が満載、、、

 

「左前脚に骨瘤が出ている、、、」

(何とか小康状態なので出走)

 

「右前脚は元々不安要素あり、、、」

 

「ウッドコースでは追い切れないので

 坂路コースのみで追い切る、、、」

(追い切りのタイムも微妙なところ)

 

「走れる状態にはあるので

 頑張ってもらいたい、、、」

 

うーん、歯切れが悪い。

 

ここを何とか勝ってくれないと

脚元的にも今後一層厳しいよ

という、前振りに聞こえてしまう。

 

明日は「雨予報

この雨が吉と出るのか

はたまた凶と出るのか。

 

あまりネガティブには考えたくないのですが

この不安な気持ちは何でしょうか、、、

 

出走メンバー的には

明日は勝ち負けまで持ち込めると

思います。

 

ミスティファイ、頑張れ!!

(怪我無くね)

 

岡部騎手、任せた!!

 

吉報を心から願っています。

 

さはら

GWの思い出②

白い紫陽花

 

忘れないうちにGWの思い出を

記録しておかねば、、、

 

GW後半も概ね良いお天気でした。

初夏のような日差しの日もありましたね。

 

5/4は

学童OB」のご家庭にお招きいただき

BBQ会食」に参加させてもらいました。

 

とても仲良くさせていただいている

学童OBご家族でして、

年始には私一家でお招きいただいています。

 

今回は妻と娘は友人と小旅行中にて

私のみが参加。

(私、取り残されていたので良かった、笑)

 

冒頭のお花は

4月にOBの奥様が会社でご出世されたので

遅ればせながらお祝いとして持参したもの。

 

実はこのお花は別の

学童OBご家族が営む花屋さん」にて

購入したもの。

 

仲の良いOBの店主(奥様)に

見立てていただきました。

 

白い紫陽花(アジサイ」が

とても綺麗です!!

しかもオマケも、笑

 

鉢に入って大きさもあり

持参するのも結構気を遣いましたが

とても喜んでいただき本当に良かった!!

 

また、ご主人へのお土産には

獺祭 焼酎」を購入して行きました。

 

焼酎は当日に飲めなかったのですが

私の弟のご推薦なので、

こちらのお土産も間違いないでしょう!!

 

お昼の13時にお伺いし、

BBQを焼き、その場でいただきながら

庭でまったり楽しく会話して過ごす時間、

最高に贅沢な時間でした

 

気づいたら夜中の24時、

11時間もの間お邪魔してしまった。

 

家も近く帰宅に安心感があるので

長時間居座り甘えてしまいました。

本当にありがとうございました。

 

お招きいただいたOBご家族もそうですし

花屋のOBご家族もそうなのですが

みなさん、学童を卒所されても

いつまでも我が家を気にかけてくださり

仲良くしてくださいます。

 

特に、我が家は

妹ちゃんが発達障害児なので

学童への入所を迷っていた時期があり

OBのみなさんには色々と相談にのって

いただきました。

 

相談にのっていただいたみなさん全員が

 

この学童なら大丈夫、

 絶対に通わせた方がいい!!

 

私たちもサポートするから安心して!!

 

という温かい言葉をかけてくれて

私たち夫婦も安心して入所を決めたことを

昨日のことのように思い出します。

 

そんないきさつもあってか

OBのみなさんはいつも

 

妹ちゃんは元気?会いたいな~

 

お姉ちゃんは中学校どう?

 妹ちゃんを学童まで迎えに行って

 くれてるんだって?エラい!!

 

など私たち家族のことを気にかけて

声をかけてくださいます。

 

この学童、先生、

学童の保護者のみなさん、

学童のOBのみなさんに出会えて

我が家は本当に幸せだと思っています。

 

この学童の繋ぐ「幸せの連鎖」が

今後も益々長く太く続きますように。

 

我が家も「鎖のワンピース」として

しっかりと繋がっていきたいと

思っています。

 

【編集後記】-----

 

先週末は「母の日」でした。

 

こちらも学童OBの花屋さんにて

娘が購入したもの。

 

母の日の花束

 

ちょうど大繁盛中の時間に

お邪魔してしまったにも関わらず

娘の要望を細かく聞いてくれて

丁寧に花束に仕上げてくれました。

 

本当にありがとうございました。

 

妻はもちろん大喜び!!

 

花をプレゼントするって

貰う方も、贈る方も

幸せな気持ちになります」ね。

 

花屋さんって、いいな~。

 

さはら