かぞくとおかねと人生と

不安と向き合い家族と歩む日々の記録

クリームシチューを食べよう

いやはや、明け方の冷え込みが厳しいです。

明け方3時過ぎに寒さから目が覚めてしまい

そのまま寝れずに5時まで羽毛布団の中で

震えていました。

 

毎度ブログで寒い寒いというのも締まらないので

温かいネタがいいな。

 

料理ネタから、

お姉ちゃんが家庭科実習で料理をするらしく

野菜などの材料を一緒に買いに行った。

 

人参、ジャガイモ、玉ねぎ、などなど

カレーでも作るのか?と思ったが

ご飯、味噌汁、おかずなど好きな物を

お姉ちゃんが自分で決めたらしい。

 

ここでもコロナの影響から

班単位でみんなで調理するのではなく、

個人単位で自分の料理だけ作るとのこと。

言えないが、なんか寂しい気持ちになった。

 

ということで学校に持っていく材料は1人分。

スーパーに都合よく1人分だけ野菜が売っている訳もなく

お姉ちゃんは必要な分だけをちょっぴりカットし

学校に持って行った。

 

さて、人参、ジャガイモ、玉ねぎなどが

切られた状態で残っている。

これらは今日中に使いたいな、

ということで無い料理知恵を絞り考える。

 

またまたしつこいが今日は寒いな~、そうだ!?

あったかい「■■ クリームシチュー ■■」を食べよう。

(ちと古いでしょうかね、笑)

 

ということで散歩しながら商店街に行き

いつもの安値安定の鳥胸肉を購入。

 >100g 55円

本当にありがたい!

これなら大量にお肉が入れられます。

 

胸肉はもも肉に比べてパサパサ固くなる印象。

そこで下ごしらえで柔らかくならないかと思い

グーグル先生に相談。

食塩水で漬け込むと柔らかくなるとのこと(むむ)

食塩水に2時間ほど漬け込んでから調理しました。

 

実際に食べた食感としては

パサパサ固いということは全くなく

柔らかくそれでいてさっぱりとしていて

とても美味しかったです。

 

野菜たちも一緒に煮込んで完成がこちら。

 

f:id:sahara-san:20211126093732j:plain

あったかいクリームシチュー

 

冷蔵後にたまたま一緒にあった小松菜を入れたら

緑が鮮やかで見映えよしでした。

 

せっかくなので市販のルーを使わずに

小麦粉と牛乳で自分でルーを作りましたが

なかなか味が決まらなかったですね。

コンソメの素を入れるとしょっぱくなってしまい

ますます味の調整が難しく悪戦苦闘しました。

 

ではみんな揃っていただきます(感謝)

 

娘たちも私も猫舌なので少し冷まして盛り付けたのが

逆に良かったようで

最後まで決まらなかった味が、冷ますことで馴染んで

ちょうど良い塩梅に変化していました。

 

妻も娘も市販のルーで作っていないことにびっくり!

「パパやるねー」と嬉しい言葉をいただきました。

 

妹ちゃんが「クリーム」といって

美味しそうに食べてくれたことも嬉しい。

(かわいいのだけど、シチューもつけようね)

 

家族みんなでとても温かい一時を過ごせました。

今日も残さず完食です。ごちそうさまでした。

 

そういえば矢野 顕子さんの「クリームシチュー」の曲

とても大好きなのですが、歌詞が意味深なのですよね。

 

「ぼくの傷をみるなよ ぼくにあやまるなよ」

 

うーん、わからないような、わかるような、、、

やっぱり年をとってもわからないや。

 

久しぶりに聞き直してみるかな。

 

さはら

王様ランキングを観て

f:id:sahara-san:20211125104323j:plain

冬晴れの富士山

 

朝の冷え込みが厳しくなってきましたね。

一方で冬の晴れた朝は空気が澄んでいて清々しい。

 

寒い中、布団からなんとか起き上がりゴミ出しのため外へ

快晴の空を見上げると気持ちがグンと前向きに。

 

うつ病になり体力の低下が著しいため

家族から散歩がいいのではと買い物ついでに

快晴の空の元、商店街まで遠回りして散歩してみた。

 

すると、ご褒美とばかりに近所の高台から

美しい富士山を拝むことができた。

冒頭の写真はその一枚。

 

さて、唐突ですが「王様ランキング」というコミックスを

御存知でしょうか?

私は前から気になっておりアニメ化もされたということで

昨晩は家族が友達と外食というのをチャンスと捉えて

アニメを見てみることにした。

 

アニメを見た結果を先にお伝えすると

「号泣、号泣」気づいたらいい大人が嗚咽をあげて見入ってました。

早く続きが見たい!!

 

興味のある方は是非視聴いただきたいのですが

簡単にストーリーを書きますと

 ・王様ランキングとは各国の王様をランク付けしたもの

 ・主人公の「ボッジ王子」は生まれつき耳がきこえず、

  上手くしゃべれない、非力であり剣もまともに振れない

 ・国王亡き後、新たな王様の座を第二王子(弟)に奪われてしまう

 ・王座を奪われたボッジ王子は旅に出て成長を重ねていく

  (後々王様になりランク付けされるのかな?)

 

私が本作に興味をもったのは

生まれつき障害をもった王子が成長していく様子を

描いているという点。

私の娘(妹ちゃん)も生まれつき障害をもっているので

どうしてもこのような内容に興味をもってしまいます。

 

本当に情けないくらい1話目から号泣でした。

障害をもっているため周りから白い目で見られてしまう。

でもボッジ王子は周りを気遣いいつも笑顔、

ふと一人になった時に人知れず涙を流す、、、

 

生い立ちは違うものの同じようにツライ境遇で育った

人間の形をしていない友達と出会う。

その友達とは普通に会話できることに喜びを感じ、

共に寄り添い支えあい勇気を出して前に進んでいく。

 

ダメですね、今思い出しただけでも泣きそうです。

涙の理由は私が勝手に娘の姿と重ね合わせてしまうから

なのでしょう。

 

障害と一括りに呼んでも個人個人で状況は全く違う。

私の娘は耳は聞こえるがコミュニケーションがうまく取れない。

たぶん娘なりに上手くいかないもどかしさや苦々しさを日々感じて

生活しているのではないか。

 

それでも周りの人に支えられて、友達もいっぱいできて

毎日笑顔で(たまに泣くけど)力強く前に進んでいる。

そんな娘を私は誇らしく思っている。

 

王様ランキングのアニメの続きがとても楽しみである。

 

あ、そういえば、

娘たちと一緒に今日の散歩道を歩いている時に

同じ場所で富士山をみたっけ。

 

その時に妹ちゃんが「ふじちゃん」と言って

お姉ちゃんと私はキュンとしたのを思い出した。

 

温かな気持ちがまた蘇った。

 

さはら

ミルフィーユ鍋の残骸

妻が在宅勤務の際、私の居場所に困ります、笑

 

妻の在宅勤務を否定している訳ではなく

むしろコロナ罹患を避ける意味でも

通勤ストレスを避ける意味でも

もっと在宅勤務をしてほしいくらいです。

 

居間でとても集中して作業している妻を見て

勝手に私が居づらくなってしまうのです。

仕事中に休職中の夫にうろつかれるのは鬱陶しいだろうなと

変な気を勝手に遣ってしまう、、、困ったものです。

 

今日も料理ネタから。

 

買っておいた大量の白菜が中々消費できずに

ここは一気に使ってしまおうと色々と考えていました。

 

ふと、昔、会社の後輩と宅飲みしていた時に

腹が減ったということで後輩が白菜と豚バラで

ちゃちゃっとミルフィーユ鍋を作っていたことを思い出し、

私も作ってみるかと思い立ちました。

 

あとは豚バラ肉を購入するだけということで肉屋に。

 >100g 108円

豚バラっていつも買っている豚小間よりも高いのか、

なんていうことにも初めて気づく私。

 

ということで本日の料理がこちら。

■■ 豚バラと白菜のミルフィーユ鍋 ■■

 

白菜の間に豚バラを敷いていく作業

結構楽しいです、笑

隙間なく鍋にギュッギュ、ギュッギュと並べていくと

綺麗な模様が浮かびあがりました。

こちらに出汁を加えて煮込むと完成。

 

ではみんな揃っていただきます(感謝)

 

本だしを使ったので不味くはならないのでしょうが

優しく美味しい出汁が出ていました。

豚バラからの油もよい塩梅です。

 

妻も娘も美味しいと言ってくれて

どんどんとおかわりが進みます。

 

お姉ちゃんは味ぽんを取ってきて

「味変だ!」とのことで更におかわりを楽しむ。

味ぽんも間違いなくうまいよね)

 

妻も負けじとキムチを取ってきて

豚バラ白菜にキムチをのせて頬張る。

(これもうまいだろうな)

 

優しい味だからこそ

より味変アイテムも楽しめるのでしょう。

 

大量の白菜を投入したので

結構な量を作ったのですが

結局残ったのはわずかでした。

翌日はうどんあたりにリメイクですね。

 

ではごちそうさまでした。

 

いつもなら料理完成時の画像を貼っているのですが

ここまで画像を貼っていないとお気づきでしょうか。

 

そうです、料理完成時の画像を取り忘れました、涙

 

妻が在宅勤務を終了し娘の迎えまで居間におり、

妻と会話をしながら料理をしていたため

完成時に画像を撮ることを完全に失念した次第です。

 

気づいたときにはごちそうさまの後で残骸がこちら。

 

f:id:sahara-san:20211123082419j:plain

ミルフィーユ鍋の残骸

 

あんなにきれいに並べて作ったのに

残骸のみの撮影とは何をやっているのだか私。

 

でも、妻としゃべりながらの料理は

とても幸せな時間だったな~。

 

さはら

図書館は知の宝庫

f:id:sahara-san:20211122145456j:plain

散歩中に何気なく撮影、意味なしです

 

昔は文字だけの本を読むのが億劫で

マンガばかり読んでいました。

親にはよく小言を言われました。

 

小言を言われる度に本を読むことが嫌いになって。

いつからでしょうかね、本が好きになったのは。

今では本屋に通うことが大好きになっています。

 

お姉ちゃんは私と違い小さい時から本が大好き。

一緒に本屋デートするのが私の楽しみの1つであります。

 

ただお姉ちゃんの性格なのですが慎重派で決めきれない!

買った本がつまらなくて後悔したくないとのことで

何も買わずに本屋を後にすることもしばしば。

(もしかしたら我が家のお金のことも気にしているのかな、涙)

 

私もタイトル的に気になった本を買っては

後悔することが多々ある性格。

当たりを引き当てるのは10冊に1冊くらいかと思う。

 

「気兼ねなく本を手にして読もうよ」ということで

お姉ちゃんと図書館に行くことにした。

 

図書館で本を借りるには新規の登録が必要だそうです。

(当たり前か)

申込書を記載したらカウンターで新規カードがすぐに発行された。

 

その際に現在の図書館の仕組みを説明いただいてびっくり!

 >地域のどこの図書館で借りても返してもOK。

 >webで本の貸出状況が確認できる、貸し出されていれば予約が可能。

 >地域の図書館にしかない本も取り寄せることができる。

 >電子書籍サービスも最近始めた。

 

いやはや、私が小学生から高校生の時に

自宅近くの図書館を利用していた時とは大違い。

時代は進みますね。

 

早速借りて帰ろうということで

やはりお金(金融・投資)に関する書籍コーナーへ

足が動いてしまう。

お姉ちゃんには「ゆっくり選んでね」と告げ一旦お別れ。

 

最新刊は無いものの買わずに気になっていた本が

何冊もあったので嬉しくなった。

その他にも気になるタイトルが目白押し!

これらが無料で読み放題!!本当にありがたいね。

 

とりあえず2冊借りてみようと手に取りお姉ちゃんの元へ。

お姉ちゃんもじっくりと本を選んでいるが

何か本屋と違って変な力が入っていなく、楽しそうに選んでいる。

これはやはり嬉しい発見であった。

お姉ちゃんも先ずはということで2冊借りた。

 

帰り道親子で話しながら「また図書館に行こうね」と意気投合。

とても素敵な時間が過ごせた。

 

お姉ちゃん、本当に本が好きなのだね。

借りた当日中に2冊とも読み切ってしまった、ビックリ!!

私も翌日までに1冊読んでしまい、2冊目も楽しみにしている。

 

実は家から図書館までたったの「10分」

こんな素晴らしい場所をなんで今まで利用しなかったのだろう。

 

これからの図書館通いが楽しみです。

 

さはら

ブリ大根を大量に作ってみた

昨晩は皆既月食にほぼ近い部分月食でした。

みなさんも夜空を見上げられましたか?

私はスマホのカメラで撮影しようとしたのですが

部分月食が表現できずに普通の月のように撮影されてしまう??

なんででしょうかね。画像に残せませんでした。

 

いつものように商店街をブラブラとして

メイン食材候補を探します。

 

以前ブログに書きましたが金曜日の夜は何となく魚の気分!

魚屋さんに入ると、やっぱりこの時期目立つのが「鰤(ブリ)」

ですよねー。

 

 >ブリ 5切れ 500円

 

1切れの辺りのサイズも大きく買ってくださいと言わんばかり。

ではメインはブリにしましょう。

 

あ、大根がまだ半分残っていたのを思い出しました。

ということで今回の料理がこちら。

■■ ブリ大根 ■■

 

夕方から妹ちゃんの療育に付き添う必要があったので

いそいそと準備を開始。

 

大根のあく抜き、

ブリの湯通し、

下処理に結構時間を取られてしまった。

 

しかも、やっぱりブリの量がかなり大量!

それに比例して大根の量も大量にしてしまった!!

 

コトコトと煮込んで出来ました。

f:id:sahara-san:20211120083150j:plain

大量のブリ大根、笑

 

量が伝わっていますでしょうか、笑

大き目の鍋に大量に仕込んでしまいました。

 

もう少し煮込みたいところですが

外出時間なので帰宅して盛り付け前に再度煮込みましょう。

 

f:id:sahara-san:20211120083344j:plain

再度煮込んで盛り付け

 

ブリにも大根にもよく味が染みています。

特に大根の色味が最高!

 

今日は妻の実家から届いた「■■ 焼き芋 ■■」も添える。

f:id:sahara-san:20211120083534j:plain

小さめのかわいい焼き芋

 

ではみんな揃っていただきます(感謝)

 

この時期のブリはやっぱり美味しい!

ただ、私の煮込み方がうまくないのでしょうが

少し身が固く仕上がってしまう、、、

 

優しい妻は美味しく出来てるよと慰めてくれます。

(ありがとう、涙)

味は脂ののりも感じて本当に美味しかった。

 

娘ちゃんたちはやっぱり大根だよねー、笑

奪い合うように大根をおかわりしていました。

(ブリも食べてね)

 

添えた焼き芋も甘くておいしかった。

もう冬だなー、という感じです。

 

ブリ大根は大量に作ったので明日にも持ち越しです。

ごちそうさまでした。

 

妹ちゃんの療育に久しぶりに付き添い

教室を見学していて改めて妹ちゃんの成長を感じました。

 

歩みは遅くても一歩ずつ前進していれば必ず未来は開ける。

私も妹ちゃんを見習わないといけない。

一歩ずつ、一歩ずつ。

 

さはら

寒い日には鍋が美味しい

今週は体調不良を引きずっています。

一昨日は実家の手伝いで忙しく、

昨日は体調が優れずダウンということで

ブログを出来る限り毎日更新したいのだけど

いやはやこれが中々難しいです。

 

今日は安定の料理ネタから。

 

白菜の値段が下がってきてありがたい。

 >白菜(半分カット) 98円

 

半分にカットされているもののかなりの大きさ!

これで家族4人のご飯を何回助けてくれるか。

ありがたい助っ人です。

 

白菜があると何となく鍋を最初に想像してしまうのは

私だけでしょうか?

 

今日も寒いということで鍋にしたいと思います。

 

主役は何にしようかと商店街を物色していると

おっ、魚屋に良い品発見。

 >たら切り身 3切 400円

 

たらは味が淡白ですがどんな料理にもマッチして

特に鍋の具材としてピッタリだと私は思っています。

 

ということで作った料理がこちら。

■■ たらの寄せ鍋 ■■

 

f:id:sahara-san:20211119105907j:plain

たらの寄せ鍋

 

鍋と言いながらフライパンで作成しています。

なんとズボラなのでしょうか、恥ずかしい。

 

結構白菜を入れたつもりですが

これでも白菜半分カットのさらに1/4しか使っていません。

本当に助かります。

 

冬は根菜をとって体の芯からあたたまりたい

ということで大根も多めに投入。

 

ではみんな揃っていただきます(感謝)

 

カツオで一応出汁をとったものの

物足りないかもと思いポン酢も用意しましたが

妻が出汁がちょうどよく美味しいと言ってくれたため

そのままいただきました。

 

お姉ちゃん、妹ちゃんともにたらが美味しいとのこと。

やっぱり「たらちゃん」癖が無いのに良い仕事してくれます。

 

大満足すぎて(作りすぎて)みんなお腹いっぱい。

ちょっと残ったので、これに味噌を加えて

朝ごはん用の味噌汁にリメイクしたいと思います。

 

今日もごちそうさまでした。

 

翌朝、しっかりとリメイクしたのですが

画像を残すのをしっかりと忘れました、、、

とほほ

 

さはら

一時代の終わり と 新たな時代の始まり

f:id:sahara-san:20211116135015j:plain

落ちる夕日?登る太陽??

 

随分とたいそうなタイトルを書きました。

週末にとあるお父さんから言われた一言です。

 

その前に、またやってしまいました。

週末に学童の保護者会がありまして

その後に保護者懇親会があったので

どうしようか迷ったものの、

大変お世話になっている方々の集まりであり

ありがたいことに私にもお声がけいただいたので

参加しました。

 

参加するとみなさん本当に良くしてくださって

とても楽しい時間でした。

 

ということで先週に引き続き私自身がオーバーヒートし

昨日はまたまたダウンしていたという状況であります。

本当に学習能力が無く自分で自分を悲しく思います。

 

一方で、そんな楽しい時間を共に過ごして下さった

保護者のみなさん、本当にありがとうございました。

改めて感謝の念で一杯です。

この学童に入って自分なりにもそれなりに頑張ってきて

みなさんに囲まれて本当に幸せだなと思う瞬間でした。

 

さて、懇親会の中で学童の私の所属係である「キャンプ係」の

来年度トップ体制が決まりました。

 

具体的には来年度のキャンプ全体を取り仕切る

総責任者である「野営長」と

事務方の全責任を担う「事務長」が指名されて

お二方に快く承諾いただいた次第です。

お二方、本当にありがとうございました。

 

よって、今年度のキャンプ係の活動も

これをもちましてめでたく大団円となったわけです。

 

今年度のキャンプそのものが実施できたこと、

コロナ被害が出なかったことは「奇跡!」であり、

実施に対しての賛否は両論もちろんあると思います。

 

ですが、色々な意見の中で、特に反対派の矢面に立ちながら

実施に漕ぎつけた今年度の野営長と事務長には

本当に頭が下がりますし、感謝しかありません。

改めましてお疲れ様でした。ありがとうございました。

 

で、やっとタイトルについてです、笑

懇親会の席で今年度の事務長と私とで二人で話す場面がありました。

その会話の中で言われた言葉がとても印象的であり

タイトルに据えた次第です。

 

私にとってはとても感動的な言葉であり、

とても寂しい言葉であり、胸が熱く痛くなった言葉です。

 

タイトルの背景を記したいと思います。

 

私と今年度の野営長は同じ6年生の父親でありまして

学童入所から家族ぐるみでとても仲良くしてもらっています。

私たちが1年生の親として学童に入所し、

お互いキャンプ係となった時に

当時2年生の保護者でありながらその年の事務長の任に

就いていらっしゃったのが今年度の事務長その方でした。

 

注) 学年は兄弟児がいるとややこしいですが雰囲気がわかれば

 

2年生の親がトップについているという状況からおわかりかもしれませんが

ちょうど私が入所した1年生の時がキャンプ係の時代の変わり目であり

今までの6・5年生の親が中心の運営から、

2・1年生の親が中心の運営に移行するタイミングでありました。

 

運営の移行と文面では簡単に書けますが

半ば強引であったとしても次の世代に渡したという表現の方が

似合いますでしょうか。

突然の世代交代で2年生の親は苦労されたと思います。

あ、書き遅れましたが野営長も2年生の親が担いました。

 

当時の私たち1年生の親も何となく大変な状況なんだなとは

傍から見ていてもわかりましたが、

何分、全く学童キャンプがわからないので戦力になりません、笑

(私なんてインドア派なのでキャンプのイメージができない)

私たち1年生にできることは2年生に「ついていく」ことだけでした。

 

本当にただただ「ついていきました」、笑

 ・キャンプ用語もよくわからないのに

  毎週開催される難儀なキャンプ係の打ち合わせに参加

 ・まだよく知らない2年生の親と

  気疲れする長時間の車中に揺られての下見を何度も

 ・火起こしにつかう薪割りや買い出しなどの重労働

 

などなど、挙げればきりがないですが

とにかく2年生に「ご協力お願いします」と言われれば

私含めた1年生の親は休むことなく参加していました。

正直、1年目の毎週のキャンプ係の活動はかなり辛かったです。

 

そんな厳しい状況でも何とかやり切ったことで

学童全体から見ると無事にキャンプ係新時代が始まったわけです。

 

以降は、私も野営長や事務長をやらせていただきました。

今年度の事務長も当然のようにきっちりと野営長を実施いただき

今年度の野営長を含めて私と同学年のお父さんが3人ほど

野営長を実施いただきました。

 

まさしく厳しい世代交代劇を経た産物として、

私の1つ上の学年と私と同学年の親を中心に据えた

その後の5年間の安定と充実した係運営体制が敷けたわけです。

 

 

そんな時代の変わり目がなぜ今回なのか。

 

今年度の野営長は今年度をもって学童を卒所されます。

併せて、私と同学年である6年生のキャンプ係経験者の親も

かなりの方々が卒所されてしまいます。

また、今年度の事務長は仕事面の状況などがあり

次年度以降のキャンプ係への関りが難しい。

 

5年間キャンプ係は上記2つの学年で安定していたゆえに

係への人の補充が少なく5・4・3年生の親で経験者がいない。

よって来年度の野営長と事務長は現在の2年生と1年生の親である。

 

今年度の事務長が仰る通り

キャンプ係内の「一時代が終わった」のです。

 

その言葉を聞いたときに率直に感じたのは達成感であり、

この時代の係メンバーと共に過ごせたことへの感謝でした。

 

そしてその後からすぐに追いかけてきたのは、

取り残されてしまったような、なんとも言えない寂しさでした、、、

 

うーん、

我ながらかなり取り留めのない長文となってしまい恥ずかしいです。

私の心の混乱具合だけでも伝えられていれば幸いです。

 

時代はいつも変わりますし、

今後もキャンプ係はちゃんと成立していくのでしょう。

新時代も素晴らしいキャンプ係体制が築かれるものと

私は感じています。

 

私は妹ちゃんの卒所までキャンプ係で居続けるのか、

他の係に異動となるのかはわかりませんが、

キャンプには毎年必ず行きたいと思いますし

キャンプ係から離れても積極的に協力したいです。

 

そうとはわかりながらも、

今年度中だけはキャンプ係旧体制の時代を振り返り

思いっきり好きなだけ懐かしみたいという気持ちで一杯です。

 

最後に今年度の事務長が言ってくれました。

「私が2年生の時に1年生のみなさんがついてきてくれて嬉しかった。

 みなさんが一つ下の年代で入ってきてくれて本当に良かった」

 

本気でやってきたからこそ出会えた素晴らしい到達点、

もう少し感傷に浸ろう。

 

さはら